頭が痛いときの対処法と頭が良くなる方法は似ている?

いつもシェアありがとうございます!

頭痛い

頭が痛いときの対処法と頭が良くなる方法はなんとなく似ていることに気づきました。

個人差はあるかもしれませんが、頭が痛いときの対処法と頭が良くなる方法を私なりの経験談をもとに書いていきますので参考がてらに読んでくださいね。

スポンサーリンク

頭が痛いときの対処法はこの3つ!

私自身は頭痛がよくなる方です。

頭が痛いと何をするのも億劫になるものですが、とにかく簡単な対処法としては私はこの3つをベースに対処しています。

⑴水を飲む

頭が痛い原因はいろいろとありますが、体が水分不足だと頭は痛くなりがちです。

朝起きたときに頭が痛いのはお酒の飲み過ぎとか風邪とかの原因もありますが、基本的には水分不足でしょう。

とにかく頭が痛くなったら私は水を飲んで様子をみます。

⑵首の後ろや額を冷やす

頭痛の原因によっては冷やしてはいけないのもあるらしいのですが、私は頭が痛い部分を冷やすとなんとなくマシになっていきます。

首の後ろや額などを冷やすと一時的ではありますが、痛みは和らぎますね。

場合によっては温める方が和らぐこともありますが、冷やすことの方が経験上多いです。

⑶部屋を暗くして横になる

職場や学校などでは難しい対処法ですが、顔にタオル等を掛けて数分間だけ目を閉じるのも効果はあります。

頭が痛いときはできるだけ激しい動作は避けたいので、安静にするのが1番ですね。

部屋を暗くして横になり、そのまま寝られるのならより効果はあります。とにかく頭が痛いときは無理をせずに休むことが大事です。

頭が良くなる方法はこの3つ!

頭がよくなる方法といっても、やたらと勉強ができるとか世紀の大発明ができる頭脳とかではりません。

私なりの頭が良くなる方法というのは空気を読める人間になるに近いものがあります。

⑴冷静になる

頭が良くなる方法としてはまず冷静になることです。

常に何か追われていて、余裕がない人は頭が良くなりません。良くならないというよりは、頭が良くなさそうに見えるというのが正解ですね。

どんなときでも冷静な判断ができる頭の持ち主になりましょう。

⑵常に試行錯誤する

これは自分でまず考えて行動するということでもあります。

頭が良くなるためには常に試行錯誤して考えていかなければなりません。試行錯誤して物事を考えていれば自然に頭は良くなります。

逆に考えれば、常に試行錯誤をせずにわからないことを人に聞いてばかりいては頭が良くならないということです。

頭が良くなるためにはとにかく自分の頭で考えることです。

⑶考えすぎない

頭が良くなる方法で考えることも大切ですが、考えすぎないことも同じくらい大切です。

一見矛盾しているようにも思えますが考えすぎると頭が痛くなりますからね。頭は使わなければ頭は良くなりませんが、使いすぎると頭が痛くなるものです。

要するにバランスが大切ということですね。

考えても解決しないことは考えても意味がないので、考えて解決できることを考えていきましょう。

頭が痛いときの対処法と頭が良くなる方法は似ている?のまとめ

頭が良くなる

頭が痛いときの対処法

  • 水を飲む
  • 首や額を冷やす
  • 部屋を暗くして横になる

頭が良くなる方法

  • 冷静になる
  • 常に試行錯誤する
  • 考えすぎない

頭が痛いときはとにかく考えないことが1番です。

どうしても頭が痛いときは頭痛薬を飲んだり、病院に行くのもいいですが偏頭痛持ちの方はできるだけ薬に頼らずに対処していきたいものですよね。

私自身もあまり頭痛薬に頼りたくないので、このような対処法で何とか切り抜いていっています。

自分なりの頭が痛いときの対処法を見つけて試行錯誤していくのも、また頭が良くなる方法の1つでもありますね。

👉心が疲れた時の対処法とチェックするべき3つのこと

心が疲れた心が疲れた時の対処法とチェックするべき3つのこと
心が疲れた時の対処法とチェックするべきことは3つあります。 生きていれば必ず疲れることもあるので、これから書くことを気軽に...

頭が痛いときの対処法と頭が良くなる方法は似ている?を最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!

👇フォローで新着お得情報をゲット👇

イノウエマナブログのお得な最新情報をLINE@でゲット! お気軽に友達登録をどうぞ♪  
友だち追加

スポンサーリンク