鬱病の友達から連絡が途絶えた理由とは?

いつもシェアありがとうございます!

gold02

gold02

スポンサーリンク

鬱病が流行る年齢

ある程度の年齢に達すると自分自身も当然ですが、周りの人たちにも鬱病という病気が流行りだす?ということが多くなります。

ある日突然、友人からの連絡が途絶えてしまい数ヶ月放置したのちにわかったことですが、その友人は鬱病になっていました。

本人も多少の自覚症状があり、二ヶ月ほど会社を休職していたそうですね。

鬱病になる前から彼は目まいや脱力感に襲われていたそうですが、彼と知り合ってかれこれ十年くらいになりますがもともと彼は精神的に強い子でなかったです。

弱くもなかったのですが、心が優しくて気遣い屋さんの彼の精神は今までの疲労が溜まって限界にきたのでしょう。

鬱病になったらとにかく休むことが大切ですが、当の本人はその休む行為そのものに罪悪感や情けなさを感じて余計に心身を痛めているかもしれません。

もちろんこれは私推測ですが・・・。

抗うつ剤のことは私は詳しく知ませんが、あまり鬱症状が強くない人はむやみに飲まない方がよいかもしれませんね。

私も鬱に似たような症状が数ヶ月ありましたが、薬なしで治りました。

私が鬱病っぽいときにしたこと

それが鬱病かそうでないかは今となってはわかりませんが、耳鳴りがとくに酷くて夜もまともに眠れない日々が続きました。

ネットで調べれば調べるほど不安になり、このまま人生が終わるのではないかと今までにない恐怖感でいっぱいになりました。

耳鳴りの音は意識すればするほど気になりますし、音も大きくなっていくような気がしていきます。できるだけ気にならないように外に出かけて散歩を四時間ほどしたり、銭湯に行ったり、部屋では少し大きめの音楽やラジオを聴いていたりしました。

何よりも効果があったのは友人がそばにいてくれたことです。

その友人が今は鬱病になっています。何とかチカラになってあげたいのです今彼にできることはそっと見守ることかもしれませんね。

途絶えた理由

途絶えたというよりは意図的に連絡をしなくなったということです。

彼は彼なりに今を一生懸命生きようと頑張っています。

何年かかるかは分かりませんが、鬱病が完治したらきっと彼から連絡がくることでしょう。それまで私は私のできることをドンドンとやっていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!

👇フォローで新着お得情報をゲット👇

イノウエマナブログのお得な最新情報をLINE@でゲット! お気軽に友達登録をどうぞ♪  
友だち追加

スポンサーリンク