ゴキブリのぼやき

いつもシェアありがとうございます!

f65710c61b4ef9ebc8efb9f8f579d412

ゴキブリが人間に伝えたい事があるようです。

スポンサーリンク

嫌われもの

俺って嫌われものなんだ。

見た目は黒光りしていて、触角は長いし、歩く時はカサカサッて音立てるし、たまに飛べば、ほとんどの人間が悲鳴をあげるよ……。

別に何も悪気はないのに、ただ食べ物を求めて歩いているだけなのに、俺を見つけると人間は、逃げるか変な薬をかけるか、何か物で叩きつぶそうとする。

俺って結構しぶといから、即死というのはめったにないんだ。だから、どうせ殺すなら瞬殺してほしい。それがせめてもの救い。

俺の死に方に餓死というのはほぼないんだ。人間の髪の毛一本で約三ヶ月ぐらいは生きられるからね。でも、やっぱり油が一番大好き。

だから、台所がよく行く所。ここはなぜか油が多いんだ。死んだ親父が教えてくれた。親父は死ぬ間際に、俺にこう言った。

「お母さんを頼むぞ!」

そのお母さんも昨日、人間に殺された。

俺ってなぜ嫌われているのかな?

確かにどちらかというと汚いし、気持ち悪い。でも、悪い事しているつもりは全くないよ。俺からしたら、人間の方がよっぽど汚いし、醜い部分がたくさんあると思うけどね。

ゴキブリの逆襲

「汚いからじゃないの?」

その声がする方を見上げると、若い人間が立ち尽くしていた。

「俺の言葉がわかるのか?」

俺は初めての体験に少し動揺した。

「その台詞はどっちかというと、こっちの台詞だけどな」

人間はそう言って、しゃがみ込んだ。俺はその不思議な若者にこう言った。

「お前は、俺が怖くないのか?」

「全ての人間がゴキブリを怖がっていると思うなよ」

人間は少し苛立っていた。俺はこの際だから、この人間に言いたいことを言うことにした。

「俺からしたら、人間の方がよっぽど汚いし、醜い部分がたくさんあると思うけどね」

人間は頭をかきむしりながら、椅子に座り、何かを書いていた。

「人間の掌の方が、俺の体よりもたくさん雑菌が付いているんだぞ!」

人間は何も言わずにひたすら何かを書いている。

「俺の甲殻は放射能も防げるんだぞ! 凄いだろ!」

「…………」

「おい、無視かよ」

「ダジャレか?」

「ダジャレってなんだ?」

そんな感じの他愛のない会話が数回続き、俺は最後の質問をした。

「どうして、お前ら人間たちは俺達を毛嫌いするんだ?何が気持ち悪いんだ?答えてくれ」

人間はまた何も言わずに何かに没頭している。

俺はイライラしてきた。ゴキブリだからってなめるなよ。

そんな怒りの気持ちが、だんだん抑えられなくなり、俺は久しぶりに羽を使った。そして、人間の方に向かって行った。

その瞬間、人間が俺の視界から消え、横に顔を向けると人間が何か長いモノを持ちながらこう言った。

「それが気持ち悪いんだよ!」

ーパンッ

👉落書きと貼り紙

c0186577_1515669落書きと貼り紙
何気に入った公衆トイレの中は異世界だった。外に出ようとしても出られない……。トイレの入り口にいる男の子は少し険しい顔で言う。 ...
スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!

👇フォローで新着お得情報をゲット👇

イノウエマナブログのお得な最新情報をLINE@でゲット! お気軽に友達登録をどうぞ♪  
友だち追加

スポンサーリンク