川釣り

いつもシェアありがとうございます!

20090618222305b60

20090618222305b60

大好きな爺ちゃんと川釣りに行った。爺ちゃんが釣ったのは……。

スポンサーリンク

爺ちゃんと川釣り

久しぶりに僕の大好きな爺ちゃんと川釣りに行った。

爺ちゃんはとても長く生きているから、川釣りがすごく上手い。僕は子供だから、まだまだ川釣りは下手だ……。

「ここで釣ろう」

爺ちゃんはそう言って、その場に座り込んだ。

「エサは?」

「まずは、これでいいよ」

爺ちゃんはそう言って、穴の開いた丸いエサを僕に渡した。川の中に釣糸を垂らすと、暫くして浮きが沈んだ。

「まだ上げてはならんぞ……」

「えっ? どうして?」

「もう少し、間を置いてからじゃ……よしっ、今じゃ!」

釣竿を勢いよく上げると、釣竿の先には何もなかった。

「あっ、エサを取られた……」

「惜しいな、わしが見本を見せてやる」

そう言って、爺ちゃんはエサを取り付けた。

「さっきとエサが違うよ」

「これは上級者向けじゃ……」

爺ちゃんが川の中に釣糸を垂らすと数秒で浮きが沈んだ。

「はやいっ! さすが爺ちゃん!」

「このエサの場合は間を置かず、すぐに上げる!」

得意気にそう言って、釣竿を上げると少し小さいのが釣れた。そして、すぐさま川へ返した。

「いらないの?」

僕がそう尋ねると、爺ちゃんは渋い顔をしてこう言った。

「何十年も仕事一筋で生きてきて、出世もそこそこ。ふと気がつくと、趣味もなく、友達もいない。子育ても終わり、定年間際で妻に逃げられ、あげくの果てには借金地獄。そんなところじゃろう……」

爺ちゃんはそう言って、今度は違うエサを取り出した。

「それは何? さっきと全然違うよ?」

「さっきのは、お金というエサで、これは核兵器にも肩を並べる地球最大で最悪の発明品、タバコというエサじゃ」

「そんなくだらないエサで本当に釣れるの?」

「今はあんまり釣れないが、昔はよく釣れたものじゃ。少しは人間も賢くなったかな?」

スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!

👇フォローで新着お得情報をゲット👇

イノウエマナブログのお得な最新情報をLINE@でゲット! お気軽に友達登録をどうぞ♪  
友だち追加

スポンサーリンク