隣室

いつもシェアありがとうございます!

k1836414723

俺は壁に耳を当て、ふと横に置いてある全身が写る鏡を見て自分の目を疑った。

腰まである真っ黒な髪で、白っぽい服を着た女が鏡に写っている…。

鏡の中で俺の髪の毛を片手で鷲掴みにし、壁に頭を叩きつけている。

その度にドンッと音が鳴っている……。

スポンサーリンク

隣室の騒音

―ドンッ

深夜二時。

この頃、毎日の様に隣室から聞こえるこの音で起こされる。

ただでさえ不眠症で悩まされているというのに……。

この状況が約一ヶ月続き、温厚な俺もとうとう反抗した。

今の世の中は何が起こるか分からない。

もし、文句を言いに行って、さらに悪化したらどうしよう……。

最近見たニュースでは隣人同士のいざこざから殺人事件にまで……。

古きよき日本のお醤油貸し借り時代も、いつの間にか消えていった。俺は次の日の朝、大家に苦情の電話をかけた。

その日のうちに、大家からは、隣の方は連絡が取れないので……とポストに手紙を出しときましたと電話があった。

これで大丈夫かな?

少しだけ安心して眠りについた。

―ドンッ

ドンドンと音が鳴り響く中、俺も殴り返したかったが我慢した。次の日、俺は友人に相談をした。

友人は、やり返せばいいと促した。俺はもう一度大家に電話したが返事は、この前と一緒だった。

このままではノイローゼになる……。

こんなことで精神をおかしくされてたまるものか。

俺は今夜、徹夜を覚悟で隣室からの音を待つ事にした。

深夜二時が過ぎた頃、そろそろかな?と壁を見るとドンッと鳴った。

―ドンッドンッドン

今日は、いつもと違ってやけに激しい。

俺は壁に耳を当て、ふと横に置いてある全身が写る鏡を見て、自分の目を疑った。

腰まである真っ黒な髪で、白っぽい服を着た女が鏡に写っている。

鏡の中で俺の髪の毛を片手で鷲掴みにし、壁に頭を叩きつけている。その度にドンッと音が鳴っている……。

鏡の中の俺はグッタリしている。

何なんだこれは?

俺は思わず鏡に布を被せた。

何が何だか訳が分からず、俺はそのまま家を飛び出し、近くの友人の家に駆け込んだ。

友人は、俺の青ざめた顔を見て、眠たい目をこすりながらも家に入れてくれた。

「どうした?」

「頼む! 俺の家に今すぐ来てくれ」

「また隣の奴がうるさいのか?」

「とにかく見てほしいものがあるんだ」

俺は無理やり友人を家に連れて行った。

部屋の電気は点けっぱなしで少し散乱していた。

そして、すぐさま俺は友人に鏡を見せた。何も写ってない。俺と友人がこちらを見ているだけだ……。

「何があった?」

友人はすごく眠そうだった。俺は鏡に写っていた女性の話をした。

友人は、多分、疲れているだけだ……。もう寝た方がいいと言って、そのまま泊まってくれた。

―ドンッ

俺と友人はその一瞬で目を覚ました。

「隣に言ってきてやろうか?」

友人は、いらついていた。

「そ、そうじゃないんだ」

「…………?」

友人は首を傾げた。

「そこの鏡を見てくれよ」

友人は鏡を見たが何も写ってないと言った。俺が鏡を見ると写っている。

友人には見えないのか?

鏡の中の俺は頭から血を流して、首の骨が折れているのかグニャグニャになっている。

それでも、その髪の長い女は壁に俺の頭を叩き続けていた。俺は嘔吐した。

気持ちが悪くて吐き気がおさまらない。

友人は何かを悟って鏡を床に伏せた。激しく音が鳴り響く。友人は隣の部屋に勢いよく走って行った。

―ドンッドンッ…ドッ……。

音が鳴り止んだ。

俺は恐る恐る鏡を見た。友人と黒髪の女が写っている。

意味が分からない……。

女は友人の首を絞めながら笑っている。友人の口からは舌が根元まで飛び出し、顔色がジワジワと紫色に変わっていく。

女は友人の頭を壁に叩きつけた。

―ドンッ

―ドンッ

―ドンッ

女は俺の方を見ながら、笑って叩き続けている。体が動かない。金縛りとかではなく、恐怖のあまりに動けない……。

女は叩きつけるのを止め、俺の方をじっと見ている。

俺は目を反らすだけで精一杯だった。その恐ろしい形相は想像の世界で勝手に膨らんでいく。

俺も殺されるのか?

あの鏡の中の俺は何なんだ?

友人は死んだのか?

なぜ鏡の中に?

隣室?

俺は隣室へと向かった。鍵が開いている。部屋に入ると友人が倒れていた。

「おい! 大丈夫か?」

友人はただ気を失っているだけだった。安心したのも束の間、俺はある異変に気がついた。何もない。窓からの月明かりだけが部屋に入り込んでいた。

この部屋の住人は?

俺はとりあえず友人と一緒に自分の部屋に戻った。友人は頭をさすりながら、全く記憶がないと言っている。

「部屋の鍵が開いていて入る所までは覚えているけど……」

友人の全身は小刻みに震えていた。

俺は鏡に写っていた出来事は友人に話さなかった。しばらくしてから俺は落ち着きを取り戻し、嘔吐の後始末を始めた。友人はまだ震えている。

「寒いか?」

「いや、なぜ震えるのか分からないんだ」

―ドンッ

鏡を見ると女が友人の頭を叩きつけている。叩きつけていくうちに、鏡の中の友人も隣にいる友人もグッタリしていく。

「もう、やめてくれ!」

俺は大声で叫んだ。

しばらく叫び続けると、俺の目からは涙が大量に溢れ出てきた。

鏡の中の女は笑いながら、叩きつけるのを止めようとしない。

友人の顔が粘土で作られたみたいにどんどんと変形していく。

これ以上続くと死んでしまう。俺は鏡を床に思い切り叩きつけた。

―ドンッドンッドンッ

無我夢中に叩きつけ、気がつくと割れた破片があちこちに散らばっていた。

鏡を見ると蜘蛛の巣が張ったような状態になり、自分の顔がたくさん写っている。

俺は疲れ果て、その場に座り込んだ。

友人の顔は紫色で口から舌が根元まで飛び出して死んでいる。

とてつもない寒気がする。俺の後ろに誰かがいる。

振り向くと髪の長い女が笑いながら突っ立っていた。

―ドンッ…ドンッ…ドンッ

「何? この音?」

彼女は隣の壁を見て、不愉快そうに言った。

「最近、隣のこの音で寝られないんだ」

「注意して来たら?」

「さらに悪化するのも嫌だしな。今の世の中、何が起こるか分からないから……」

「女の人の声がするけど……隣の人は女性なの?」

「隣の人間なんて知らないし、誰が住んでいるのかも興味ないよ。へたに関わらない方がいい」

「そうよね。隣で何が起こっていても別に関係ないしね……。でも、隣の人が誰か分からない今の時代って何か少し悲しいよね」

「しかし一体何の音なんだ?」

―ドンッ

👉生死のマラソン

No title生死のマラソン
このマラソン大会は優勝者以外、全員死ぬ。 途中で立ち止まっても死ぬ。とにかくスタートしたら走り続けなければならない。 ス...
スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!

👇フォローで新着お得情報をゲット👇

イノウエマナブログのお得な最新情報をLINE@でゲット! お気軽に友達登録をどうぞ♪  
友だち追加

スポンサーリンク