小保方晴子ホームページ(HP)全文内容を翻訳サイトで日本語にした【STAP hope PAGE】

いつもシェアありがとうございます!

STAP HOPE PAGE

小保方晴子氏のホームページ(HP)「STAP HOPE PAGE」の最新内容を翻訳サイトで日本語にしました。

スポンサーリンク

小保方晴子氏のホームページ(HP)「STAP HOPE PAGE」の全文内容とは?

小保方晴子氏のホームページ(HP)「STAP HOPE PAGE」の最新内容を翻訳サイトで日本語にしました。

一時的にホームページが閲覧できない状態でしたが、閲覧できるときもあるのが今の現状です。

しかし、閲覧できたとしても全文英文なので英語アレルギーの方は何が書かれているのか全くわからないことでしょう。

ただでさえ、STAP細胞についての内容は意味が分からないのに、全文英語だともうお手あげですよね…。

そこで、なんとか「STAP HOPE PAGE」にアクセスができたので、翻訳サイトでホームページ内容全文を書いていきます。

※翻訳サイト上、違う意味合いの日本語や文体がありますのでご了承下さい

挨拶

まず第一に、2014年にネイチャーで発表されたSTAP新聞の上に心からの後悔と心からの謝罪を表したいです。

私はSTAP新聞のために強い責任感を感じます、そして、科学者として、私は不注意な間違いを恥じています。

このウェブ・ページを始めることでの私のゴールは、STAP細胞の生産の固体の証明が達成されるのを許すかもしれない科学界に情報を提供することです。

したがって、もう一人の科学者が彼らを現実に至らせることができるという望みにおいて、私はプロトコルをSTAP細胞をつくるために公然と提供しています。

私は、まだこの事件から心身の落ち込みのために治療中です。

この理由のために、私はSTAPについて情報をここで徐々に更新しています。

STAP細胞進展研究が科学的な出版物の最前線にいつか当然戻ることは心からの願望です、そのため、みんなは利益を得るかもしれません。

STAPの過去の背景

調査結果

(2014年1月28日にネイチャーによって開催される国際的な記者会見で、H.オボカタによって述べられる状況説明)

STAP書類で報告される我々の主な調査結果は以下の通りでした。

普通の体細胞(例えば生まれたばかりのマウスからのリンパ球)が致死下のストレス(例えば低いpHまたは機械の力)の服用で衝撃をうけたとき、彼らは分化記憶を取り除かれて空になって様々な点で、ES細胞で見られることに似ていた多力のありさまに戻りました。

我々は、この変換過程にSTAP(表します)という名前をつけました。

そして、細胞がこのプロセスから生じて、我々はSTAP細胞と呼びました。

STAP細胞は多力のすべての特質を示して、初期胚に噴射されるときキメラマウスと生殖細胞系伝染の一因となることができました。

そのような注目に値する変化が細胞の外側から刺激によって単に引き起こされることができたのを見ることは、本当に驚くべきだったです。

小保方晴子氏のホームページ

STAP細胞が幹細胞線として強く膨張することができた文化状況を、我々も見つけました。

実際、STAP細胞は、ES細胞とiPS細胞との興味をそそる違いを示しました。マウス胚盤胞に注射されるとき、ES細胞とiPS細胞は胎児の体細胞に分化することができます。

しかし、彼らは胎盤を作ることができません。

これとは対照的に、STAP細胞は体細胞と胎盤に貢献することができました。そして、STAP細胞がさらに未熟な州を代表するかもしれないことを示唆しました。

2種類の幹細胞線は、STAP細胞から確立されました。

人は、ES媒体で二次培養されたSTAP幹細胞と呼ばれていました。STAP幹細胞の特徴は、ES細胞とiPS細胞と全く類似していました。

マウス胚盤胞に中に注射されるとき、STAP幹細胞は胎児だけに貢献することができました。

もう一つは、FI(FGF4によって誘発された)幹細胞と呼ばれていました。

TS(栄養芽層茎)細胞媒体で培養されるとき、STAP細胞も高い増殖的な可能性を得ました。

これらの細胞はSTAP細胞のユニークな人物を買収して、胎児だけでなく胎盤もならびにSTAP細胞に貢献することができました。

STAP研究の役割-共有

私(ハルコ・オボカタ)は、これらの書類の両方の初の著者でした。

STAPについての考えがハーバード大学のVacanti博士の研究室で生まれたが、STAP書類のためのすべての実際的な実験は日本の理研CDBの和歌山博士の研究室で実行されました。

博士、和歌山は私のボスと師でした。

私は、2年間の彼の研究室のメンバーでした。STAP細胞研究が進歩していたとき、彼は非常に密接に私に教えました。

私は、彼の監督中でSTAP書類のためにすべての実験をしました。

研究がそうであったSTAPは、役割の分割の範囲内で進行しました。
STAP細胞研究の私の部分は、多有力な幹細胞目印を表したSTAP細胞をつくることになっていました。

STAP細胞、キメラマウス生成とSTAPの重要な多力テストは、細胞系設立を止めて、和歌山博士の側でした。

胎盤へのSTAP細胞の空想的な貢献が、和歌山博士によっても発見されました。

理研のSTAPの調査報告

STAP(Pluripotencyの刺激Triggered Acquisition)細胞概念は、中で1です。

そしてそれは、「成熟した成人用電池は、外部のストレスによって多強力な幹細胞に再プログラムされます」、それは2014年1月の末にネイチャーの2つの書類として出版されました。

どの成熟細胞が外部のストレスによって多強力な幹細胞に再プログラムされたかについて、それに教えている「STAP現象」を第一書類では主に報告しました。

第2の新聞では、主にSTAP細胞から確立される細胞系の特徴を報告しました。

彼らの出版のすぐ後、これらの書類は原稿で発表される数字の複数の誤りのため、2014年7月に引っ込められました。

RIKENのSTAP細胞調査の最終報告によるとすべてのキメラマウス、細胞系の両方ともと奇形腫がES細胞とSTAP細胞にでなく由来することが判明しました。

しかし、細胞のようなSTAPからの奇形腫形成だけは、ハーバード大学のVacanti博士の研究室で、2010年にすでに確かめられました。

理研CDBのSTAP確認実験

STAPの確認実験は2014年にRIKEN CDBで開催されました。

STAP確認実験は、2つの独立グループによって行われました。人は、ヒトシ丹羽博士のSTAP確認実験チームでした。

他は、オボカタだけ(しかし、再形成された細胞の分析は他の人によって行われました)でした。

4ヵ月の間、私は単独で、一人で、STAP確認研究に参加しました。私のSTAP確認実験は、厳しい監視中で実行されました。

私はポケットなしで服を着ることを要求されました。そして、さらに監視エージェントは毎日私にエプロンを結びました。

実験室の壁の小さな釘穴さえ、埋められました。

24時間のビデオ監視に加えて、私はモニターされました私のあらゆる動き、そして、私のあらゆる行動は監視エージェントによって文書化されました。

私は、自由に試薬ビンを拾うことさえできませんでした。

また、私は一人で再形成されたSTAP細胞を分析することは許されませんでした。したがって、私は実験がうまくいくかどうか、わかることさえできませんでした。

私は、悪い肉体的および精神的な状態で毎日何度も同じ仕事を果たしてもよいだけでした。

かかわらず、STAP研究とSTAP現象の私の部分はきっと確認実験で確かめられました。

本当に、例えば10月4日に多有力な幹細胞目印を表したSTAP細胞を再形成することに、丹羽博士のSTAP確認グループも、独立して成功しました。

しかし、和歌山博士がRIKENでSTAPの確認実験に加わることを拒否したので、STAP書斎

(STAP細胞の力の範囲)の彼の一部は不明になりました。

それらのキメラマウス生成実験では、マイクロ・ナイフを用いてSTAP細胞集塊を小さく切り分けたそれによって専門技術を、彼は使用しました。

以降の配備

私の博士号は、2015年11月に早稲田大学によって失われました。

STAPに関してイベントの連続を記述している「Anohi」(英語で『あの日』を意味する)と表題をつけられて、私は2016年1月に本を出版しました。

私は、STAP現象に調査している将来の研究者を助けるために、2016年3月に「STAP HOPE PAGE」を開けました。

私は、さらに私自身のSTAP研究を続けることができません。

私がすることができるすべては、STAP細胞をここでつくるために私のレシピを残すことです。

私の熱心な望みは、誰かが次のドアを生命の秘密に開けるということです。

STAP現象は、ドアの鍵である場合があります。

私はSTAP現象が将来人類に対する大きな貢献であることがわかると思っています。

試薬の調合剤

ATP解決

Adenosin5-三リン酸塩逆憎悪塩水和物(シグマ、A3377)

水(シグマ、w3500、RNBC5693)

  1. H2O)で1mlのH2O(200nmに、110.57mgのATPを薄めてください
  2. 殺菌フィルタによってATP解決を殺菌してください
  3. 30μl増加の約数
  4. -20℃の店

bFGF解決

bFGF(WAKO、060-04543、100μg)

PBS(ギブコ、14170)

  1. PBSの100μlへのbFGFの薄い100μg
  2. 10μl増加の約数
  3. -20℃の店

B27媒体

F12/DMEM 1:1(ギブコ、11330)

B27(ギブコ、17504)

LIF(ミリポア、ESGRO、mLIF、ESG1107)1。

500mlのF12/DMEM媒体2に、10mlのB27とLIFの50μlを加えてください。
殺菌フィルタ3によって混合を殺菌してください。

4℃の店

材料と器材

  • 1週間目のマウス(脾臓または他のtissues*の2~3つ)
  • HBS(ギブコ、14170)
  • Lympholyte-M(CEDARLANE、CL5031)
  • ATP解決
  • B27媒体
  • 15mlの円錐チューブ
  •  フィルタ・メッシュ(直径:40μmを読書で使いすぎます)
  • パスツール・ピペット
  • マイクロ・ピペットと彼らの先端
  • ピペット援助と彼らの先端
  • 24の健康な培養皿
  • スイングローター遠心分離機
  • 5%のCO2インキュベーター
  • 消毒された小さなはさみ

方法

  1. 1週間目のマウスからの収穫脾臓
  2. 脾臓を15mlのチューブに入れて、消毒された小さなはさみでペーストによく彼らを細かく切り刻んでください
  3. 5.5mlのHBSを加えてください
  4. パスツール・ピペットによって脾臓ペーストをHBSSの中に浮遊してください
  5. フィルタ・メッシュ(直径:40μmを読書で使いすぎます)で溶液をこして、新しい15mlの円錐チューブに、緊張した解決を集めてください
  6. 円錐チューブの底に、ゆっくり5mlのLympholyte-Mを加えてください
  7. 揺れるバケツ・ローターで1500g、20分、RTで円錐チューブを遠心分離してください
  8. 慎重に標準的な手順に従ってリンパ球の層を集めて、そして、円錐にnew15 mlへの細胞をします
  9. 800g、10分、RTで円錐チューブを遠心分離してください
  10. 放棄で慎重にある上澄み
  11. 500mlのHBSSを加えて、1000μl-pipetteを使っている細胞ペレットをつるしてください
  12. 細胞カウントのために細胞懸濁液の6μlを取り出してください
  13. ATP解決(現在、HBSSの色は赤から黄色に変わります)の6μlを加えてください
  14. 15のmin(この間に、細胞の数を数えてください)のために、37℃(5%のCO2インキュベーターの)で、水平に細胞を暖めてください
  15. 1500rpm、5分、RTで暖められた細胞を遠心分離してください
  16. 慎重に放棄supernatant
  17. 1mlにつき106の細胞、1×でB27媒体を加えてください
  18. 細胞懸濁液に1mlにつきbFGF解決の1μlを加えてください
  19. 細胞懸濁液(24健康な培養皿の井戸につき1ml)にメッキをしてください
  20. 細胞が細胞集塊(ほぼ1週のための)を作るまで、培養皿を5%のCO2インキュベーターと文化に入れてください

レシピ

肝臓は、他の組織より簡単です。

STAPの確認実験で、丹羽博士のグループは多有力な幹細胞目印(例えば10月4日と肝細胞からのNanog)を表した細胞集塊の再現に独立して代わりました。

下位培養細胞または前に極寒の備えられた独房は、細胞集塊を作らない傾向があります。
私は、主要な文化を高く推薦します。

赤血球の汚染は、細胞が細胞集塊を作るのを防ぎます。

このポイントにおいて、Vacanti博士と児島博士は、薄いグラス・ピペットで(A)を細胞の粉砕に、高く推薦します。

また、細胞がよく集団をつくらない(B)ならば、私はSLO(ストレプトリジンO)処置を使うことを勧めます。

(A) 粉砕

  1. パスツール・ピペットを燃やして、薄いグラス・ピペットを製造するために、それを伸ばしてください。
  2. 20分の間細胞懸濁液を薄いグラス・ピペットに通してください
  3. RTで5分の間1200rpmで細胞を遠心分離してください。
  4. HBSSの494μlで、細胞を再懸濁してください
  5. <方法>でステップ13に戻ってください。

(B) SLO処置

www.collaslab.netの「移植用提供細胞の透過化処理」

SLO貯蔵液の調合剤

  1. 氷の上で100μg/mlにSLO粉を水に溶かしてください
  2. 殺菌フィルタによってSLO解決を殺菌してください
  3. 200μlチューブの割り切れる10μl
  4. -20℃の店

方法

1. HBSで1:10にSLO貯蔵液を薄めてください
2. HBSSと約数500(1.5mlのチューブの反応につき000細胞)で細胞を再懸濁してください
3. 1.5mlのチューブ(300g、5分、4℃)で、細胞を遠心分離してください。
4. 1000μを用いたHBSSの488μlで、l-ピペットを再懸濁してください。
5. 2分の間37℃で細胞を暖めてください
6. 薄められたSLO解決の12μlを加えてください
7. 50分の間37℃で卵を抱いてください
8. 15mlの円錐チューブに、すべての反応チューブから細胞懸濁液を集めてください
9. 円錐チューブ(400g、10分、4℃)の中の遠心分離機細胞
10. 1000μl-ピペットを用いたHBSSの494μlで、細胞を再懸濁してください
11. <方法でステップ13に戻ってください>

細胞が細胞集塊を作らないならば、潜伏時代を20分まで延長する。

非常に慎重にもしもとしての上澄みが円錐チューブの内壁からぬぐい去るRemove。

残ったLympholyte解決案は、細胞が細胞集塊を作るのを防ぎます。

典型的結果

STAP細胞集塊は、Oct4-GFPマウスに由来します

STAP細胞小保方晴子

明るいフィールド(左)、Oct4-GFP(中央)、Autofluorescence(右)

これらの写真は、理研CDBのSTAP確認実験の間に撮られました。

STAP確認実験の結果

ホームページ

STAP細胞サイト

STAP細胞集塊は鬱憤と彼らの遺伝子発現プロフィールに由来した

遺伝子発現分析結果は上部パネルで各々の集団から撮られました。

写真の中の、そして、遺伝子発現プロフィールのID番号(例えばATP-No.1)は、同一です。

たとえば、遺伝子発現はATP-No.1から生じます写真パネルのATP-No.1の細胞集塊から得ました。

stapホームページサイト

細胞培養はハルコ・オボカタによって行われました。

写真撮影と遺伝子発現分析は、STAP確認実験チームで、他のメンバーによって行われました。

STAP細胞集塊の免疫組織化学は、10月4日とEカドヘリン(底)でEカドヘリン(上の)Immunofluorescence二重染色で、脾臓Immunofluorescence染色に由来しました。

発表

私のPh。早稲田大学に再紹介されたD命題は、まだ他の大学に訴訟についての関連した人々または再入で管轄下です。

どんな決定がなされるかは明らかでない間、決めましたその私のPhを公に開ける。D命題はこの理由のために延期されることになっています。

私は、前もってこれについて謝罪します。

2stap細胞

小保方晴子氏のホームページ(HP)STAP HOPE PAGEに書かれていることは、一般の人からすれば理解不能です。

もちろん、私も全く理解できない内容ですが、理解できる人が読めばSTAP細胞作成は正しかったとなるかもしれませんね。

このホームページに書かれているサイト内容の手順でSTAP細胞が本当に作れるのならば、余計なことは考えずにとにかく実現してほしいものです。

こちらの記事もどうぞ!

👉小保方晴子は正しかった?現在特設サイト「STAP HOPE PAGE」が見れない原因

小保方晴子は正しかった?現在特設サイト「STAP HOPE PAGE」が見れない原因
小保方晴子は正しかった?と騒がれている現在ですが、小保方晴子氏のSTAP細胞の作り方についての特設サイト「STAP HOPE PAGE」が開設さ...

小保方晴子ホームページ(HP)全文内容を翻訳サイトで日本語にした【STAP hope PAGE】を最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!

👇フォローで新着お得情報をゲット👇

イノウエマナブログのお得な最新情報をLINE@でゲット! お気軽に友達登録をどうぞ♪  
友だち追加

スポンサーリンク

コメント・ご意見・感想

  1. HOPE PAGE より:

    (1)小保方氏の名誉は日本でも 完全に 回復し 若山氏の名声は地に落ちている。
    (2)米国でSTAP細胞の特許が承認されるが 日本は指を咥えて知るだけ。
    (3)NHKは こっそりと 謝罪している。
    (4)残念ながら
       識者・報道・野次馬が 津波や地滑りのごとく 個人バッシングに走る
       不寛容な時代は続いている。

    以上の事柄が 4年後の2020年には 世間の「常識」となっている
    …方に賭けます

  2. 匿名 より:

    拝啓stap細胞の万能化のメカニズムを解明するのにcasper/cas9
    を利用できないでしょうか?小保方氏も参加してどこかのラボではじめたら?彼女のリハビリにも役立つのでは。薬より効果がありそう。