【ゲゲゲの鬼太郎6期】猫娘が美人すぎる件と声優キャスト一覧が豪華すぎる件について

いつもシェアありがとうございます!

9年ぶりにゲゲゲの鬼太郎のアニメが放送されるとのこと。

ドラゴンボール超の後枠として、フジテレビ系列で日曜の朝9時から放送されるゲゲゲの鬼太郎6期。

ゲゲゲの鬼太郎6期の声優キャスト一覧が、あまりにも豪華すぎるとのことで話題にもなっています。

その中でも猫娘というキャラクターがいるのですが、ゲゲゲの鬼太郎5期よりもさらに美人になって登場とのこと。

ネット上でも盛り上がっていますが、ゲゲゲの鬼太郎6期の猫娘が異常に美人すぎる画像は以下の通り。

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎1期~6期の猫娘(ねこむすめ)画像

ゲゲゲの鬼太郎の猫娘の1期~5期までの画像を見てもわかるように「猫娘」の名の通り、体形や顔は幼さが強調されています。

ねこ娘1期画像

猫娘の1期を知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。

もちろん、私も知りませんが白黒画像が時代を表しています。頭にリボンも付いていませんし、何よりも目が本当に猫の目をしているのが特徴ですね。

ねこ娘2期画像

2期からはチャームポイントでもあるリボンが頭に付けられて、さらに幼さが強まるキャラクターに。

鬼太郎のことが好きで何かと世話を焼くのもこの頃から。てんとう虫柄のノースリーブが2期の特徴ですね。

ねこ娘3期画像

ヒロイン枠でもあった猫娘ですが、ゲゲゲの鬼太郎3期では夢子ちゃんにヒロインの枠を取られてしまいます。

3期からの服装が6期現在までも定着しています。

ねこ娘4期画像

4期のねこ娘の声優を担当していたのは西村ちなみさん。

ゲゲゲの鬼太郎のシリーズが始める前の墓場鬼太郎アニメでは、ショコタン(中川翔子)が歌っていた「君にメロロン」という歌が忘れられないのも私だけではないはず。

この頃は猫娘ではなくて「寝子」というキャラクターでした。

中川翔子さんの歌声も良かったですが、この4期のねこ娘の歌声も素晴らしいもの。全体的にピンク色が定着したのも4期頃からですね。

ねこ娘5期画像

ゲゲゲの鬼太郎5期では完全に美少女化されては、平成アニメ風にリメイクされます。

鬼太郎のことが好きなのは昔からでしたが、5期からはさらに好き好きアピールが加速化されました。

ねこ娘6期画像

そして、ゲゲゲの鬼太郎6期の猫娘画像はこちら。

なんと、ハイヒールがとても似合う大人の女性に……。

大人の姿になってもチャームポイントのリボンは健在ですが、これはこれで楽しみなのは正直な気持ち。

もともと、S的なキャラクターでもある猫娘なので、これくらいの容姿が丁度いいのではないでしょうか。

それにしても、あまりの変貌ぶりに驚いたのは私だけではないはず。

ゲゲゲの鬼太郎6期の声優キャスト陣が超豪華

ゲゲゲの鬼太郎6期の声優陣は超豪華と話題。

もともと、主人公の鬼太郎の声優はドラゴンボールの孫悟空の声優でお馴染みの野沢雅子さん。

今回は目玉の親父の声優を担当するとのことで、これもまた楽しみの1つ。

その他の豪華声優陣は以下の通り。

  • ゲゲゲの鬼太郎:沢城みゆき
  • 目玉の親父:野沢雅子
  • ねずみ男:古川登志夫
  • ねこ娘:庄司宇芽香
  • 犬山まな:藤井ゆきよ
  • 砂かけばばあ:田中真弓
  • 子泣きじじい・ぬりかべ:島田敏
  • 一反もめん:山口勝平

ゲゲゲの鬼太郎(沢城みゆき)

鬼太郎の声優を担当する沢城みゆきさんは、有名どころではルパン三世アニメの峰不二子役の声優をしています。

あの不二子ちゃんのセクシーボイスが鬼太郎になるのは想像できませんが、これもまた楽しみの1つですね。

目玉の親父(野沢雅子)

目玉の親父の声優を担当する野沢雅子さんは、誰もが知るドラゴンボールアニメの孫悟空、孫悟飯、孫悟天の声優などをしています。

鬼太郎の声優を担当していた野沢雅子さんですが、ゲゲゲの鬼太郎6期では目玉の親父を担当に。

これもまた新しい試みでどうなるのかが楽しみです。

ねずみ男(古川登志夫)

ねずみ男の声優を担当する古川登志夫さんは、ドラゴンボールアニメではブルー将軍を担当。

ゲゲゲの鬼太郎5期では蒼坊主(あおぼうず)の声優をしていました。

ちなみに蒼坊主の画像はこちら。

ねこ娘(庄司宇芽香)

ゲゲゲの鬼太郎6期から美人すぎる件になった猫娘の声優を担当する庄司宇芽香さんは、ワンピースのイナズマやランを担当。

ゲゲゲの鬼太郎ではお菊の声優もしていました。

犬山まな(藤井ゆきよ)

犬山まなの声優を担当する藤井ゆきよさんは、けものフレンズのアルパカ・スリを担当。

人間のヒロインでもある犬山まなは、過去のキャラクターでもある夢子ちゃんの代わりみたいなものですね。

砂かけばばあ(田中真弓)

砂かけばばあの声優を担当する田中真弓さんは、ワンピースのルフィやドラゴンボールではクリリンを担当。

日曜日のアニメ枠での掛け持ちは素晴らしいものですし、野沢雅子さんとの共演は本当に豪華すぎますね。

子泣きじじい&ぬりかべ(島田敏)

島田敏さんは子泣きじじいとぬりかべの声優を担当。

ちびまる子ちゃんでは3代目の友蔵の声優を担当し、ゲゲゲの鬼太郎5期ではヒダル神・一目入道・琵琶牧々・チー・ノラを担当。

たくさんのキャラクターを声優する島田さんは本当に神すぎます。

一反もめん(山口勝平)

一反もめんの声優を担当する山口勝平さんは、ワンピースではウソップ、名探偵コナンでは工藤新一、らんま1/2ではらんまの声優を。

とにかく、この豪華すぎる声優キャスト一覧に驚いている人は私だけではないはずです……。

【ゲゲゲの鬼太郎6期】猫娘が美人すぎる件と声優キャスト一覧が豪華すぎる件についてのまとめ

ドラゴンボール超の後枠として、2018年4月1日朝9時からスタートする「ゲゲゲの鬼太郎6期」。

ドラゴンボール超アニメが終わるのは寂しいですが、ゲゲゲの鬼太郎6期が始まるのは嬉しいところ。

複雑な心境でもありますが、ゲゲゲの鬼太郎アニメも好きな私にとってはこれからの日曜日の朝も楽しみが継続されます。

とにかくゲゲゲの鬼太郎6期の猫娘が美人すぎる件と超豪華声優陣のキャストが、今後のゲゲゲの鬼太郎6期をさらに盛り上げてくれるのは間違いありません。

あわせて読みたい!

👉ゲゲゲの鬼太郎キャラクター一覧から考察するコンプレックス解消法

ゲゲゲの鬼太郎キャラクター一覧から考察するコンプレックス解消法
ゲゲゲの鬼太郎キャラクター一覧から考察する、コンプレックス解消法というのをちょっと書いていきます。 コンプレックスがある...

【ゲゲゲの鬼太郎6期】猫娘が美人すぎる件と声優キャスト一覧が豪華すぎる件についてを最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!

👇フォローで新着お得情報をゲット👇

イノウエマナブログのお得な最新情報をLINE@でゲット! お気軽に友達登録をどうぞ♪  
友だち追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『【ゲゲゲの鬼太郎6期】猫娘が美人すぎる件と声優キャスト一覧が豪華すぎる件について』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/01/21(日) at 16:05:52 ID:85eac32c6 返信

    4期まではサザエさんの花沢さん的ブスキャラ枠だった猫娘が。。。

  2. 名前:おどろおどろ 投稿日:2018/01/22(月) at 07:54:08 ID:cbc81f73b 返信

    はじめまして。
    昭和32年生まれの初老です。1期鬼太郎リアルタイムで見てました。好きな話は、妖怪大戦争と妖怪城でした。漫画本では、おどろおどろ、だるま、吸血鬼エリートなどが好きでした。1期のねこ娘は、そんなにたくさんの記憶がないので、最近のねこ娘と比べると登場回数もかなり少なかったように思います。

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/01/25(木) at 10:41:05 ID:d74fa990c 返信

    これちゃんと調べた上で書いてるんですか?

    4期のねこ娘の声優さんは西村ちなみさん、おじゃる丸の声を演じている方ですよ。

    しょこたんが声優を担当されたのは2008年に放送された墓場鬼太郎の「寝子」です。
    時系列が全く違います。
    厳密に言うと「鬼太郎ファミリー」の猫娘ではありません。
    ゲゲゲの鬼太郎の前身となる墓場鬼太郎に登場するキャラクターです。

    細かいことを言わせていただくと、猫娘が鬼太郎に想いを寄せているのは3期、5期のみです。2期の猫娘は出番も決して多くなく、鬼太郎のお助けキャラに近いポジションです。

    • 名前:イノウエマナブログ 投稿日:2018/01/25(木) at 14:38:20 ID:6e0ae1bba 返信

      ご指摘ありがとうございます。訂正しました。素晴らしい情報に感謝します!

  4. 名前:へそ吉 投稿日:2018/01/26(金) at 21:24:38 ID:60b076e27 返信

     猫お姉さん、という感じでいいと思います。足首に付いているのは靴のベルトではなくアンクレットなのかな? 私としては、靴のベルトの方が色気が感じられて好きなのですが。

  5. 名前:匿名 投稿日:2018/02/16(金) at 06:17:25 ID:2e3a4af6a 返信

    ※1
    いやいや3期からは2期までと違って目も大きくなってかなりかわいいぞ?
    まあ、3期は仲間というよりヒロイン枠になったからそう変わったのかも。
    確かに本格的に「美少女」として描かれたのは5期からかもしれんけど。
    一応アニメに限って言えば、ねこ娘は3期以降徐々に美少女化していっているので、
    6期でああなったのもまあ、時代の流れゆえなのかもしれませんね。
    それを思うと、実写ウェンツ版鬼太郎が今作られたなら、ネコ娘も美少女タレントが演じていたのかもと思うとちと残念。