短編小説の書き方のコツはとりあえず適当に書いてみること

いつもシェアありがとうございます!

staircase-

短編小説の書き方のコツはとりあえず適当に書いてみることです。

スポンサーリンク

短編小説の書き方は簡単

短編小説の書き方のコツは、思ったことを適当に書いていくだけでいいのです。

書く前からあれやこれやと難しく考えて何も書かないことの方が問題です。

修正はあとからいくらでもできますし、あとからしてはいけないというルールは全くありません。とりあえず何かストーリーが浮かんだら書いてみるのです。

キャラ設定やジャンルなどは書いている途中で考えるのもいいですし、書いていくうちに生まれてくるものです。

基本的には短編なのでそんなにキャラ設定も要りませんし、私の場合は一人称設定が多いですね。

短編小説の書き方で大切なこと

例えば、「私」「僕」「俺」などの不特定多数キャラ?で物語を構築していくことが多々あります。

それがいいとか、わるいとかではなくて要は読み手側が分かりやすければいいということですね。

そういうやり方でストーリーを書くのは難しいとよく言われますが、それはやり方次第ですし、慣れでもあります。私はこういうやり方で短編小説を書いていくのは好きですね。

少しのインプレッションで書き始めた小説が思わぬ短編小説になるのが楽しくてたまりません。

書いていくうちにこういうキャラ設定の方がいいかな?とかこういうオチで締めよう!と書きながら考えて短編小説を書いていくのも面白いものですよ!

短編小説の書き方で起承転結は大切

やはり適当に書くといっても起承転結は大切ですね。

小説はやっぱり読み手側が読んだ後に「面白かった!」とか「感動した!」と思われる方が書き手側も書いた甲斐がありますよね。

読者の感想で面白かったですとか言われたり、コメント欄に書かれたりすると本当に嬉しいものですし、それが小説を書く理由の一つでもありますからね。

起承転結といっても何も難しく考える必要はありません。あまり型にハマって書いても面白くありませんからね。

読み手側にわかりやすく伝わるように物語を書いていけばいいだけですからね。簡単に言えば誰が何を起こして、どうなって、どのようになり、どうなったかで充分です。

短編小説の書き方のコツはとりあえず適当に書いてみることのまとめ

自分なりの言葉や文体で表現して、小説の中に何かメッセージ性があれば、より素晴らしいです。

全ての人に面白いとか感動させられる小説を書くことは不可能ですし、別にそれを目指して書く必要もありません。

まずは自分自身が書きたいと思うことをドンドンと書いていくが短編小説では大切なことですよ!

短編小説の書き方のコツはとりあえず適当に書いてみることや質も大切ですが、まずは量ですね。

👉小説が書けない!そんなときでも何となく小説が書ける3つのポイント

syousetu小説が書けない!そんなときでも何となく小説が書ける3つのポイント
小説が書けない!と小説が書きたくても書けない人はたくさんいますよね。 けれども、そんなに深刻に考えなくても小説は書けます...

短編小説の書き方のコツはとりあえず適当に書いてみることを最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!

👇フォローで新着お得情報をゲット👇

イノウエマナブログのお得な最新情報をLINE@でゲット! お気軽に友達登録をどうぞ♪  
友だち追加

スポンサーリンク