この世とあの世の間

いつもシェアありがとうございます!

img_817689_42122017_0

一人の男がこの世を去ることにした。あの世に行くと見たことがない恐ろしい化け物がいる。

その化け物は男にある事を質問した。

スポンサーリンク

精神崩壊寸前五秒前

俺は今ギリギリの精神状態で崖っぷちに立っている。

この世の人生が嫌になり、自ら終止符を打とうしている。足元は、ほんの数センチの幅しかない。風が吹けば、冷や汗がでて体よりも先に、心がフラフラになる。

なぜ、このような状況になったのか……。

俺はもう人間関係に疲れ、生きていくのが嫌になった。下を見ると、海がキラキラと綺麗に輝いていて、気を抜くとフワッと吸い込まれそうになる。

明日にしようかな?

少しお腹も減ってきた……。もう生きていても何もいい事なんてない……。つらいだけで苦しいだけだ。

心残りはあのパン屋のビーフカツサンドが食べたいくらいだ……。

遺書も書いたし、もう読まれているかも……。やっぱり親より先に逝くのは、最上級の親不孝かな。

もうここで終わる?

それとも、もう少しだけ頑張ってみる?

何かやり残した事は、もっと美味しいビーフカツサンドがあるかも……。

そう思った次の瞬間、突然強い風が吹き、体中に冷たい血が勢いよく流れた。とっさに何かを掴もうとしたが何もなく、そのまま一回転をし、あの世への入り口に……。

そんなのあっけないな。

俺はそんな事を考えながら、そろそろ呼吸が苦しくなってきた。ガス独特の臭いで頭がクラクラしてきた。

借金地獄から抜け出せない毎日の取り立てに疲れ果て、もう生きていくのが嫌になった。

今、火を付けたら爆発するかな?

でも、最後ぐらいは人に迷惑をかけずに逝きたいな。

意識がもうろうとしてきた。残りの余力で遺書を書こうと万年筆を取ろうした瞬間、わずかな静電気で爆発した。奇跡的にかろうじて、まだ生きてはいるが熱くて痛くて、たまらない。

俺の体に炎が燃え移り、薄れゆく意識の中で、人に迷惑はかけるし、最後の最後まで苦しみながら逝くのは最悪だな……。

迷惑きわまれない結末。そして、あの世への入り口に向かった。

そんなのは酷すぎる……。

俺はそんな事を考えながら、睡眠薬を六十錠ぐらい飲んだ所で気持ち悪くなり、これで大丈夫と思っていたが、まだ眠くならない。愛する妻に逃げられ、もう生きる気力もない。

ものすごく吐き気がする。俺の人生なんだったのだろう。人間関係に疲れ、借金地獄に陥り、長年連れ添った妻にも愛想をつかれ出ていった。

だんだんとまぶたが重くなってきた。このまま逝くのか、寂しい人生だったな。そのまま永遠の眠りに入っていった。

あの世?

気がつくと、そこは真っ白い煙に覆われ目の前には扉があった。そこには「あの世」と書いてある。

この扉をあけると死ぬのかな?

あの世に行くのかな……。

まだ死んでいないのか?

あの世へ行く前に、もう一度これでいいのかと考える所なのか?

俺はその扉を開けようとしたが、鍵が掛かっているのか開かない。何度も何度も押しても引いてもビクともしない。

俺は意地になって、その扉をドンドンと叩いて叫び続けた。何も変化がなく、虚しくなってきた。

俺はあの世にすら行けない、どうしようもない人間なのか……。

すると向こうの方から、鬼の様な悪魔の様な姿の化け物が、ゆっくりとこちらに向かって歩いてきた。

俺は恐ろしくなり、その場から逃げようとしたが腰がひけて動けない……。

その化け物は俺に近づきこう言った。

「この場所は自ら人生を諦めた人間だけがくる場所だ」

「…………」

「つまり、この世とあの世の間だな」

化け物はそう言って、なぜこの世の人生を諦めたのか尋ねた。

俺はこの世の人生の出来事や、死んだら楽になれるからと話すと、化け物は笑いながらこう言った。

「人間は少し勘違いしているが、死んでも楽にはなれないんだよ……」

俺は意味がわからなかった。

「人間はあと一歩の所でよく諦める。その先を乗り越えれば素晴らしい人生が待っているのにな……」

化け物は少し切ない様な、悲しい顔をした。

「人間関係、借金地獄、愛する人に去られた。私からすれば、とても小さな事だ。人生を諦める理由にならない。人間は弱くなった。本当にあの世へ行きたいのか?」

化け物は尋ねた。

「はい……」

化け物はしばらく考えて、鍵を差し出した。

「この鍵はあの世への扉が開く鍵だ」

俺はその鍵で扉を開け、あの世へ行った。

この世?

私は今ギリギリの精神状態で崖っぷちに立っている。

あの世の人生が嫌になり、自ら終止符をうった。気がつくと、そこは真っ白い煙に覆われ、目の前には扉があった。

その扉には「この世」と書いてあった。

私はその扉を開けようとしたが鍵が掛かっているのか開かない。

私は必死になって扉をドンドンと叩き続けた。すると向こうの方から鬼の様な悪魔の様な、化け物が近づいて来てこう言った。

「この場所は自ら人生を諦めた人間だけがくる場所だ。つまり、あの世とこの世の間だな」

化け物は、なぜあの世の人生を諦めたか尋ねた。

「あの世の人生は、同じ事の繰り返しで苦しくて、つらい事ばかりで、もう耐えられません。生きたら楽になれるから……」

すると化け物は、笑いながらこう言った。

「人間は少し勘違いしているが、生きても楽にはなれないんだよ」

私は意味がわからなかった。

化け物は尋ねた。

「本当に、この世へ行きたいのか?」

「はい……」

化け物はしばらく考えて、鍵を渡した。私はその鍵で扉を開け、この世へ行った。

僕は今ギリギリの精神状態で崖っぷちに立っている……。

この世の人生が嫌になり、自ら終止符を……。

👉ゴキブリのぼやき

f65710c61b4ef9ebc8efb9f8f579d412ゴキブリのぼやき
ゴキブリが人間に伝えたい事があるようです。 嫌われもの 俺って嫌われものなんだ。 見た目は黒光りしていて、触角は長いし、...
スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!

👇フォローで新着お得情報をゲット👇

イノウエマナブログのお得な最新情報をLINE@でゲット! お気軽に友達登録をどうぞ♪  
友だち追加

スポンサーリンク